『ダンジョンズ&ドラゴンズ』(D&D)の世界 「D&D」とは、紙と鉛筆とサイコロ、それとルールブック(そして、ときにフィギュア)を使って、仲間同士で会話をしながら、『指輪物語』を彷彿(ほうふつ)とさせる剣と魔法のファンタジー世界で" ごっこ遊び"を楽しむという、会話型ロールプレイング・ゲーム(TPRG)である。
プレイヤーは、人間、ドワーフ、エルフなどの種族と、戦士や魔法使い、僧侶、盗賊(とうぞく)などの職業のどれかを選んでゲームに参加する。この「D&D」こそが、すべてのコンピュータRPGの源流であり、「僧侶は刃物を持てず、回復魔法を使う」などといった設定は、すべてこの「D&D」にはじまる伝統である。
 最初の「D&D」は1974年に米国で発売され、1978年にはその発展版である「AD&D」(アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ)が登場。その後、AD&Dだけが版を重ね、2000年に第3版となった時点で、「AD&D」という名称が「D&D」へと変更された。現在、ホビージャパン社から日本語版が刊行されている「D&D」は最新の第3.5版である。
 米国では非常にメジャーな遊びで、プレイヤー数は数百万人とも言われ、その存在はすでに米国の1つの「文化」として定着している。
 この「D&D」に由来する、濃厚で緻密な設定に裏付けられた、葉っぱ一枚ゆるがせにしないリアリティあふれる幻想世界(それはあたかも「本当にもう1つの世界が存在する」かのような錯覚を世界中の読者やプレイヤーに起こさせている!)、そしてその中で展開されるスリルあふれる冒険と謎解き、人間的葛藤の数々──臨場感たっぷりの大冒険と大河ロマン――を体験できるのがアスキーD&Dファンタジー小説作品の最大の魅力である。

 
原著者注釈付き完全版『ドラゴンランス』(全6巻/絶版)
の改訂復刊 角川つばさ文庫版『ドラゴンランス』(1~3巻/発売中)
原著者注釈付き完全版『ドラゴンランス伝説』(全6巻/絶版)
『ドラゴンランス・セカンドジェネレーション』(全2巻/絶版)
『ドラゴンランス 夏の炎の竜』(全3巻/絶版)
『ドラゴンランス 魂の戦争』(全5巻/絶版)
『ドラゴンランス秘史』(全3巻/発売中)
ドラゴンランス外伝『ネアラ』(1~2巻/絶版)
『ダークエルフ物語』(全3巻/絶版)
『アイスウィンド・サーガ』(1~3巻/絶版 4~5巻/発売中)
『ダークエルフ物語 (続編)』(全4巻/発売中)
『クレリック・サーガ』(1~2巻/発売中)
『ホワイトプルームマウンテン』(1巻/発売中)
『銀竜の騎士団』(1~3巻/発売中)
エバークエスト(1巻/発売中)

 

©KADOKAWA CORPORATION 2017