※第一部(上、中、下巻)はAmazon.co.jpなどで限定発売中!
第二部は全国書店にて発売中! 第三部は2007年12月発売予定!

  • ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈上〉

    セブンアンドワイで買う Amazon.co.jpで買う

    〈混沌戦争〉が終わり、〈人の時代〉が訪れた惑星クリン。従来の魔法が次第に働きを失っていくなか、いずこからか邪悪な巨竜たちが飛来し、次々とクリンのドラゴンを討ち滅ぼしていく。
    そして今やアンサロン大陸は、他のドラゴンの魂を喰らってさらに強大化した大赤竜マリス、大緑竜ベリルなどの巨竜たちに分割統治されていた……。
    そんなある日、アンサロン全土をただならぬ大嵐が襲う――そのさなか、利き腕を失った隻腕のミノタウロス騎士ガルダーが呪われた谷で見た奇跡が、そしてシルヴァネスティとクォリネスティの両エルフ王家の血をひく若き王子シルヴァノシェイを襲った悲運が、世界を根底から揺るがす大戦乱へと導いていく……。

  • ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈中〉

    セブンアンドワイで買う Amazon.co.jpで買う

    神々が去り、世界が残虐(ざんぎゃく)な巨竜たちと暗黒騎士(きし)団にほぼ支配された暗い時代――〈唯一神(ゆいいつしん)〉を奉(ほう)じ、さまざまな奇跡(きせき)を起こす謎(なぞ)の少女騎士(きし)ミーナが、あるいはエルフ王国(シルヴァネスティ)の新王の座についた若きシルヴァノシェイが、はたまた過去からタイムスリップしてきたタッスルホッフが、このあまりに過酷(かこく)な時代に一条(いちじょう)の光をもたらすとでもいうのだろうか?
    エルフ王国(シルヴァネスティ)を世界から隔(へだ)てる〈シールド〉を生み出した強大な魔術師グローカス、タニスの息子でエルフ王国(シルヴァネスティ)の傀儡(かいらい)の王と呼ばれる〈太陽の評議長〉ギルサス、その母で〈竜槍(ランス)の英雄〉である今も若く美しい未亡人(みぼうじん)ローラナ、大緑竜ベリルに代わりエルフ王国(シルヴァネスティ)の実際の支配を行なう暗黒騎士(きし)メダン、"雌獅子(めすじし)"と呼ばれるクォリネスティ・エルフ反乱軍の女リーダー ケリアン、体長10mの巨大みみずを操(あやつ)り地下を掘(ほ)り進むドワーフの上王(ハイ・キング)ターン、ミーナの正体を知り、進軍するミーナ隊の前に一人立つ謎(なぞ)の盲(めい)いた乞食(こじき)、人に疎(うと)まれながらも自らの信じる騎士道(きしどう)を生きる騎士(きし)ジェラード、魔法用具点を営み、今や希少(きしょう)な魔法の秘宝(アーティファクト)に精通しているイエンナ、〈混沌(こんとん)戦争〉で重傷を負い、魔力を失って変わり果てた魔術師ダラマールなど、新旧の魅力(みりょく)的なキャラクターたちが入り乱れ、裏切りと策謀(さくぼう)が連続し、息もつかせぬスリリングな展開を見せるシリーズ第二弾(だん)!!
    誰が敵で、誰が味方なのか? そして絶望的な時代を切り拓(ひら)く光は見えるのか? さまざまな立場の男たち、女たちの思いが熱く交錯(こうさく)する。そんななか、力を失い、拷問(ごうもん)を受けて性格が暗く皮肉に歪(ゆが)んでしまった魔術師パリンをグリーンドラゴンが襲い、いっぽう騎士(きし)ジェラードは我が身を挺(てい)して単身、暗黒騎士達に戦いを挑むが……

  • ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈下〉

    セブンアンドワイで買う Amazon.co.jpで買う

    巨竜ベリルと大緑竜カイアン、来襲! ついに「ぼく、やっぱり死ぬことにしたよ…」と告げた、タッスルの運命は?愛のため、我が身をなげうつ人々。魔法が消えた驚くべき理由。そして謎の暗黒騎士ミーナに対峙した若きエルフ王の運命は?
    謎の核心へ迫る、驚くべきどんでん返しと、興奮、そして感動が襲う第一部 完結編!!

  • ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜 完結記念Edition

    セブンアンドワイで買う Amazon.co.jpで買う

    世界五千万部シリーズ。
    “さよなら、ドラゴンランス”を記念して、最終作『魂の戦争』第一部を待望の愛蔵版化。
    “竜槍の英雄、その最後の物語”――〈混沌戦争〉を経て、神々が去った〈人の時代〉。いずこからか飛来した邪悪な巨竜群の翼影が世界を覆う。奇妙な嵐とともに現われた少女と〈唯一神〉の謎、苦悩するエルフ二王国の行く末、そして時を越えたタッスルが見た“あるべきはずの未来”とは……。ファンタジー史上に残る不朽の名作、完結記念Edition。
    【原作者からの手紙『日本のみなさんへ』&内尾和正画緑竜カバー付き】

  • ドラゴンランス 魂の戦争 第二部 喪われた星の竜

    セブンアンドワイで買う Amazon.co.jpで買う

    ※全638ページの中に、分厚い原書1冊分の内容を丸々収録。『ドラゴンランス 魂の戦争 第一部』の詳細なあらすじを掲載しており、本書から読んでも、十分に『ドラゴンランス 魂の戦争』を楽しめますので、ご安心ください!
    すべては、アンサロン大陸全土を襲った奇妙な嵐の夜に始まる――〈死の歌〉谷を訪れた〈暗黒騎士団〉の前に、突如現われた17歳の少女ミーナ。彼女は、〈唯一神〉の名の下に様々な奇跡を起こす。神々が去った後に現われた〈唯一神〉の正体とは?
    第二部では、ケンダー族のタッスル、白魔術師パリンらが、ついに伝説の黒魔術師ダラマールが住む〈塔〉にたどりつく。そこで彼らが知ることになる、衝撃の事実とは?
    いっぽうで、巨大緑竜ベリル率いる圧倒的大軍勢は、エルフ王国クォリネスティを破壊せんと、いまや国境目前まで迫っていた。そんな中、暗黒騎士メダン元帥とエルフの皇太后ローラナは、死を覚悟しながらもある伝説の武器に望みを託すが…その頃、嘆き悲しむ亡霊群に導かれた聖者ゴールドムーンは、次第に謎の核心へと近づいていく――怒涛の展開を見せる、衝撃のストーリー。

  • ドラゴンランス 魂の戦争 第三部 消えた月の竜

    セブンアンドワイで買う Amazon.co.jpで買う

    さよなら、ドラゴンランス。
    「すばらしい瞬間」
    タッスル、レイストリン、ソス卿、ダラマール、パリン――愛すべきものたちとの最後の別れ。最終決戦は熔岩の街サンクション。超巨大赤竜の恐怖と〈唯一神〉の謎、そして生者と死者の絶望の行方は……。暗黒との果てなき戦いの末、光を、そして盗まれた世界を取り戻せ!
    世界五千万部シリーズ。ファンタジー史上に残る不朽の名作が、ここに完結。