ドラゴンランス戦争から約25年後の世界が舞台。戦争に勝利した善の勢力が安逸(あんいつ)をむさぼり、分裂を始める中、〈暗黒の女王〉タキシスを奉じる闇の軍勢が勢力を盛り返し、かつてない強力な軍隊となって世界侵攻を開始する。
そんな中、地図にない忘れられた小島で、神々すら恐怖する、世界創世にも関わる大事件が起こってしまう。果たして、闇の軍勢が善の勢力を駆逐していき、世界は異常気象の中、一気に滅びへと向かっていく……。
そうした事態を収拾すべく、ドラゴンランス戦争の英雄達とその子供達の世代が動き出きだすが、事態はあまりに絶望的だった……。原著者が、前期ドラゴンランスのすべてにけりをつける完結編として描いた最大のクライマックス。
(1800円+税~/Amazon.co.jpなどで限定発売中)

  • ドラゴンランス 夏の炎の竜(上)

    セブンアンドワイで買う Amazon.co.jpで買う

    地獄のような猛暑が続くアンサロン大陸では、水は干上がり、人々は活動する気力さえ失いつつあった。そんな中、ついにタキシス暗黒騎士団の侵略が始まる。突如出現した無数の艦隊とドラゴンを前に、ソラムニア騎士団はなすすべもなく──取り返しのつかない悲劇が起こる。いっぽう、金色の瞳を持つ謎の少女ウーシャと出会ったタッスルは、〈上位魔法の塔〉の主である黒魔術師ダラマールのもとを訪れるが、折しも、ダラマールへの復讐に燃える暗黒騎士スティールも白魔術師パリンをともなって〈上位魔法の塔〉へとドラゴンを駆っていた……。エルフ同士の同族戦争が間近とされ、ドワーフ族もエルフとの戦争を覚悟する中、かつての〈竜槍の英雄〉たちは、果たして──。今明かされる世界(クリン)創世の真実、そして神々の戦いの歴史……強大な魔遺物〈灰宝石〉が破壊されるとき、神々さえ恐怖する史上最大の危機がクリンを襲う。そのとき、〈奈落(アビス)〉からはレイストリンの声が……?

  • ドラゴンランス 夏の炎の竜(中)

    セブンアンドワイで買う Amazon.co.jpで買う

    ドラゴンと暗黒騎士団、パランサスに迫る──。名誉、勇気、友情、信義、悲劇、そして帰還。

  • ドラゴンランス 夏の炎の竜(下)

    セブンアンドワイで買う Amazon.co.jpで買う

    さらば、ドラゴンランスの英雄と神々よ──。〈万物と無の父〉、火竜、異界の魔物が世界を襲う!