当サイトは下記規定に反する書き込み、および管理者が不適当と見なした書き込みに関しては掲載を見合わせていただきますので、よろしくお願いいたします。
・個人の電話番号や住所等のプライバシーに関わる書き込み、特定個人や団体への誹謗(ひぼう)・中傷の書き込み、暴言や挑発的表現、意図的な虚偽情報、公序良俗に反する書き込みは、これらを一切禁止します。
・実在する著名な個人名、団体名等を騙(かた)っての書き込みは、これを禁止 します。
・営利目的、勧誘目的の書き込みは、当サイトの管理者に許諾を得たものを除き、一切禁止します。
・投稿内容は、当サイト管理者が内容を確認してから掲載いたしますので掲載までに1週間程度の時間を要する場合がございます。
・投稿内容に関しては、 投稿者に断り無く、 アスキー・メディアワークスに利用させていただく場合がございます(詳しくは、 「利用規約」をご確認ください)。
・当サイトでは、予告なく、一度掲載した投稿を削除する場合があります
・編集部へのお問い合わせなどには当サイトではご回答できません。また、個別対応、投稿内容へのお返事などもいたしませんので、ご了承ください。

ご覧頂きありがとうございます。
新規投稿の受付は終了いたしました。

2012年08月17日 19:20

ポンテ さん

えりかさん、その辺は、魂の戦争を最後まで読むと分かりますよ!!

2012年08月11日 22:03

えりか さん

魂の戦争だと思うんですけど、ミーナの正体と目的ってなんですか?教えてください。

2010年11月13日 19:00

魚魚 さん

【魂の戦争】
父母の物語は終わった・・・とシルヴァンが誰かに言われる場面がありましたが、以来出てきませんでしたね。アルハナは憔悴した様子で出てきたと思いましたが。一体どうなったのでしょう。

2010年11月06日 16:01

さん

「ドラゴンランス 魂の戦争 第三部」                もう少しで読み終わりそうなんですが、ポルシオスはどうなったんでしょうか?第一部でミーナが「生きている」と言っていましたが・・・。

2010年07月06日 09:37

暗きパラディン さん

ダークエルフ物語「暗黒の包囲」
 傭兵隊長ヤーラクセルは、ベンレ家の息子(三男坊の説あり)。
 ドリッズトに倒されたクェンセルは、ルロス神の寵愛が強かったのか、のちに復活する。別編「蜘蛛の女王の戦争」(未邦訳)を通じて、上級神へと変質したルロス神の闇のヒロインとなる。D&D第4版1479年時のベンレ家の慈母は、トリエルを排除したクェンセルである(ちなみに、グロムフ、ヤーラクセルはまだ存命。しぶといなぁ)。
「蜘蛛の女王の戦争」は作家の連作だそうですけど、誰か邦訳してくれないかなぁと思っています。

2009年12月21日 19:32

Yumi さん

ドラゴンランス外伝『ネアラ 1~2』

みかさんへの返信読んでみたところの解釈……というか本に書いてあったままになってしまうのですが、
たしかマドックの陰謀でしたよね。
記憶を失わせることで、少しでもネアラが抱える不安を増幅しようとしたのでは? 0人が気に入った

2009年05月05日 23:17

will さん

『ドラゴンランス 魂の戦争 第三部』

すべて終わって感動したけど

これで終わってほしくないです。アスキーさん、出版頑張ってほしい・・・

昔の「ドラゴンランス英雄伝」とか「闇と光(だっけ?)」とか「憩いの我が家遺文」とか、再出版してほしいなあ・・・。
もちろん、未翻訳「新世紀の曙の竜」、続編「暗黒の使徒」等も。

2009年01月26日 15:24

サファイア さん

『ドラゴンランス 魂の戦争 第三部』

ランスの行方は・・・。

ドラゴンランス 魂の戦争はどのような結末になるのでしょうか? 魔術師達が魔法を使えるようになるのか、善と悪の戦いの行方などが気になって仕方がありません。

2008年08月22日 23:27

みか さん

ドラゴンランス外伝『ネアラ 1~2』

素朴な疑問

ネアラの記憶喪失・・・・みなさんは原因はなんだと思いますか?

2008年07月07日 16:00

魔法使いの妹 さん

原著者注釈付き完全版『ドラゴンランス 1~6』

どうなる?

レイストリンは良い者ですか?

1  2  3  4 次へ ≫