投稿コーナー
ホーム このサイトについて 連載 正誤情報 耳シリーズの感想 読者アンケート 編集者ブログ
  当ページは、 アスキー・メディアワークスの英会話学習書『英語耳[改訂・新CD版]』『英語耳ドリル[改訂版]』『単語耳』『英語耳ボイトレ』『マーフィーの法則de英語耳』『ベッキー・クルーエルde英語耳』『語源耳』のファン・ページです。それら著作物や著者 松澤喜好先生のファンの皆様からの温かい応援メッセージを募集しています!
 また、英語学習に関する一般的なご質問をご投稿いただければ、英語耳シリーズ著者の松澤喜好先生のご厚意で、可能な範囲内で先生がご回答をしてくださることもあります。お楽しみに!(※すべてのご質問にご回答できるわけではないことを、あらかじめご了承願います。編集部が任意に選択したご質問のうちの一部に対して、お時間のゆるす範囲内で、ご回答をいただきます。当ページは、ファンの皆様のためのページですので、本来の趣旨から外れるご投稿は、掲載を見合わさせていただく場合もございます)。
 なお、この掲示板の内容をウェブやその他に引用、転載することを固くお断りします。

  本サイト全般に関します閲覧、リンク、投稿、その他利用に関するお約束事につきましては、こちらの「利用規約」をご覧ください。
  なお、本サイトへの投稿・書き込みにつきましては、特に次のような点にご注意いただきたく、ご配慮のほどよろしくお願い致します。
●掲載を禁止する投稿例:
 ・ 他人の著作権を侵害する、もしくは侵害の恐れのある文章等の書き込み。
 ・ 個人の電話番号や住所等のプライバシーに関わる書き込み。
 ・ 特定個人や団体への誹謗(ひぼう)・中傷と思われる書き込み。
 ・ 暴言や挑発的表現、意図的な虚偽情報、公序良俗に反する書き込み。
 ・ 実在する著名な個人名、団体名等を騙(かた)っての書き込み。
 ・ 当社以外の他社による営利目的、勧誘目的の書き込み(当社の許諾を得たものは除く)。
 ・ その他、当社および本サイト管理者が不適当と見なした書き込み。
上記のような投稿に関しては掲載を見合わせていただきます。
 ・ 投稿内容は、本サイト管理者が内容を確認してから掲載いたしますので掲載までに1週間程度の時間を要する場合がございますので、予めご了承ください。

ご覧頂きありがとうございます。
新規投稿の受付は終了いたしました。

2012年08月28日 17:19

ミト さん

松澤さま
初めて書き込ませていただきます。私は現在イギリス英語の習得に励んでいます。ただ、日本にはあまりにもアメリカ英語の教材が多く、どうしたものかと悩んでいました。しかし、先生の著書を購入し頑張ってみようかと思っています。しかし、母音とrの組み合わせの発音(どう表記していいかわかりませんが…)を頭に叩き込むことが不安です。どうしたらよろしいでしょうか?後から矯正する方法しかありませんか?つべこべ言わずに勉強をスタートさせる方がいいことはわかっていますが、あえてイギリス英語を選んだので、本当にどうしたらいいか悩んでいます。イギリス英語版を出版していただけたら、一番嬉しいのですが…(笑)
お忙しいとは思いますが、お返事をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

2012年08月14日 23:06

YNchem5510 さん

YNchem5510です。夏休みに読み終えた本と今読み始めている本についてお話します。読み終えた本は「Never Let Me Go」日本人(といっても小学校の時にイギリスに移住してイギリスの大学で英文学を専攻していますが)のkazuo Ishiguroさんの作品です。そのあと松澤さんも読まれた「The Girl with Dragon Tattoo 」を読み始めています。まだ3分の1程度ですが面白いです。
ちなみに「Never Let Me Go」のほうはいまいち内容がわからないところもありアマゾンでDVDを購入して見ました。「The Girl with Dragon Tattoo 」のほうは逆で映画を見てから本に行きました。多読と精読でいうとともに多読目的ですが、plot自体が面白い作品はやはり面白いですね。「Never Let Me Go」は表現がきれいで抒情的な感じがしますが、映画を見てもいまひとつひきこまれるところが少ない気がします。パラマウント作品ですが日本では公開されたのかな???

2012年07月25日 13:33

松澤喜好 さん

りり-san


書き込みをありがとうございます。
英語の学習方法についてのお問い合わせですね。
どういう手順で学習したほうが良いのかは、私も常に考えています。
「いくつかのテーマを並行してやったほうが良い」と現在は考えています。
たとえば、発音の練習、リスニング、多読、語彙の習得等々。
これらのいくつかの基礎ができてくるにつれて、英語を使う総合能力が
高まります。それぞれを学習しながら、連携して使うことで、
使える英語になっていくのです。
ひとつのテーマを終了してから、次のテーマをやる方法では、
以前に行ったことが記憶から薄れる恐れがあります。


> 発音を先に覚えてから多読をはじめた方がいい
> のでしょうか?それとも、発音と多読を同時進行しても効果は
私のおすすめは、大変でしょうが発音と多読を同時進行する
方法です。
順番をどうしても決める必要がある場合は、発音をさきに行ったほうが、
単語や文章を正しい発音で覚えることができるので、効率的です。


でも、りりさんご自身のモチベーションが最大になる方法
(つまり、どうしてもこれをやりたいということ)が
あれば、そちらを優先したほうが効果が上がると思います。

2012年07月22日 06:38

りり さん

こんにちは。初めて書き込みをします。
発音に苦手意識があり、英語耳をはじめようと思っています。また、読書が好きなので洋書の多読もはじめるつもりです。
そこで、ひとつ質問があります。発音を先に覚えてから多読をはじめた方がいいのでしょうか?それとも、発音と多読を同時進行しても効果はかわらないのでしょうか?


よければ教えてください。

2012年07月05日 13:50

松澤喜好 さん

キラキラ天使-san


> Lv.2へ進んでからも、またLv.1へと戻って必要なところを
はい、学習のこつは、一通り理解したら(完璧でなくても)
次に進んでおいて、必要ならば戻って、そこを完璧にする方法が
良いと思います。
 そのほうが、どこが重要なのかが広く見れるようになるので、
効率的に集中することができるからです。


> Parrot!s Lawのやり方で
> 進めて行けばいいのでしょうか?
Parrot!s Lawをベースにしてください。
ただし、聞く回数などはご自分に合わせて、練習を始めてから
決めると良いと思います。回数は本のとおりである必要は
ありません。自分で歌う回数は増やし気味にしてください。

2012年07月05日 13:23

キラキラ天使 さん

松澤先生へ


お返事ありがとうございます。
先生のお言葉で「単語耳Lv.2」へ進む自信が持てました。
まず「単語耳Lv.1」を完璧にしなければと考えていたのですが、Lv.2へ進んでからも、またLv.1へと戻って必要なところを練習すればいいんですね。


「多読王国」のこと知りませんでした。
ホームページをチェックします。


洋楽で好きな曲を一曲歌えるように練習するというのはPrrot!s Lawのやり方で進めて行けばいいのでしょうか?

2012年07月03日 20:41

松澤喜好 さん

キラキラ天使san


『単語耳Lv.1』の練習100回達成もうすぐですか、おめでとう!
次の『単語耳Lv.2』に進む目安が気になりだしたら、
そろそろはじめてください。今がチャンスです!
そうして、『単語耳Lv.1』の練習も不足だなと感じたら、時々
Lv.1に戻って必要なところを練習すればよいのです。
(ピアノのバイエルや、ハノンのように考えれば良いと思います。
つまり、基本は習得する必要がある。でも、次が気になりだしたら、
次に行くべき時なのです。いくつかの曲を練習した後も、ハノンの練習を
戻ってすることは、ピアノの習得にどのレベルの人にも役立ちます。)


多読は、『多読王国』に登録して、読み進めることをお勧めします。
http://tadoking.com/
(別の所にも書きましたが・・・)


洋楽が嫌いでなければ、1曲カラオケで歌えるように練習して
おいてください。
海外ドラマも、自分の好みはどれかなーと探しながら見ることも、
英語のリスニングに慣れることにつながり、一石二鳥ですよ!!

2012年07月03日 15:49

キラキラ天使 さん

初めて書き込みをします。
2012年2月21日から「単語耳Lv.1」の発音練習を始めて、来週には100回達成できそうです。
これまで発音中心の練習でしたので、今後は単語の意味を覚えようと思います。


まだ自分には「単語耳Lv.2」に進むほどLv.1の1000語が身についていないと思います。「単語耳Lv.2」へ進む目安を教えてもらえますか?


また、そろそろ多読も始めようと思います。それ以外で今やると英語を身につける上で役立つことがありましたら教えて下さい。
お願いします。

2012年06月11日 13:21

松澤喜好 さん

かかohかかさん


単語耳第1巻の終了、おめでとうございます!!


2012年02月16日に書いていただいた時には、
キムさんの声に賛同をいただきました。
単語耳のクレアさんの声も素晴らしいでしょう!(自画自賛)


Parrot's Lawの題材は、本当に好きなものを選んでくださいね。
題材探し&選ぶことも、重要な学習のひとつです。
探すためには、英語にたくさん触れる必要が出てきます。
常に題材を探して英語に触れることが、楽しみになっていますので、
皆さんにもお勧めします。
 「自分がどんなことで英語が楽しいと思うのか?」を改めて
認識させてくれます。


 これはいい!と思って繰り返し聞いて発音練習を始めた途端に
もっと良い題材に巡り合うことが出てきます。
そのときには、さっさと新しい題材で始めてください。
人生は、案外と短いですよ。楽しみながら、楽しみながらの
自己実現が良いですよねー

2012年06月07日 20:26

かかohかか さん

松澤さま


きのう、やっと単語耳Lv.1を終了しました。クリアできてとてもハッピーです。今日からLv.2。


 英語耳の第6章 ステップ3 少し長い会話を使った練習(100回)のお気に入りの題材がまださがせません。電子辞書内にはオバマ氏の演説集が入っていたりはするのですが・・・。

≪ 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 次へ ≫