投稿コーナー
ホーム このサイトについて 連載 正誤情報 耳シリーズの感想 読者アンケート 編集者ブログ
  当ページは、 アスキー・メディアワークスの英会話学習書『英語耳[改訂・新CD版]』『英語耳ドリル[改訂版]』『単語耳』『英語耳ボイトレ』『マーフィーの法則de英語耳』『ベッキー・クルーエルde英語耳』『語源耳』のファン・ページです。それら著作物や著者 松澤喜好先生のファンの皆様からの温かい応援メッセージを募集しています!
 また、英語学習に関する一般的なご質問をご投稿いただければ、英語耳シリーズ著者の松澤喜好先生のご厚意で、可能な範囲内で先生がご回答をしてくださることもあります。お楽しみに!(※すべてのご質問にご回答できるわけではないことを、あらかじめご了承願います。編集部が任意に選択したご質問のうちの一部に対して、お時間のゆるす範囲内で、ご回答をいただきます。当ページは、ファンの皆様のためのページですので、本来の趣旨から外れるご投稿は、掲載を見合わさせていただく場合もございます)。
 なお、この掲示板の内容をウェブやその他に引用、転載することを固くお断りします。

  本サイト全般に関します閲覧、リンク、投稿、その他利用に関するお約束事につきましては、こちらの「利用規約」をご覧ください。
  なお、本サイトへの投稿・書き込みにつきましては、特に次のような点にご注意いただきたく、ご配慮のほどよろしくお願い致します。
●掲載を禁止する投稿例:
 ・ 他人の著作権を侵害する、もしくは侵害の恐れのある文章等の書き込み。
 ・ 個人の電話番号や住所等のプライバシーに関わる書き込み。
 ・ 特定個人や団体への誹謗(ひぼう)・中傷と思われる書き込み。
 ・ 暴言や挑発的表現、意図的な虚偽情報、公序良俗に反する書き込み。
 ・ 実在する著名な個人名、団体名等を騙(かた)っての書き込み。
 ・ 当社以外の他社による営利目的、勧誘目的の書き込み(当社の許諾を得たものは除く)。
 ・ その他、当社および本サイト管理者が不適当と見なした書き込み。
上記のような投稿に関しては掲載を見合わせていただきます。
 ・ 投稿内容は、本サイト管理者が内容を確認してから掲載いたしますので掲載までに1週間程度の時間を要する場合がございますので、予めご了承ください。

ご覧頂きありがとうございます。
新規投稿の受付は終了いたしました。

2012年12月06日 10:53

YNchem5510 さん

YNchem5510です。松澤先生およびご覧の方に教えて頂きたいことがあります。ライテングのスキル向上を目指したいと思っています。特に海外の面識のない教育関係者にメールでお願いや質問をするとき、上品で平易な文章を書くことにいつも苦労しています。書籍で勉強するのも良いのですが、英検1級の面接試験や通訳案内士の面接試験の時に厳しい指導を仙台の英会話教室の先生から受けたことが血肉になっているので、同じように厳しい添削指導を受けたいと考えています。上級者向けの添削指導をしてもらえるサイトをご存じであれば教えて頂きたいのですが。

2012年11月17日 12:45

YNchem5510 さん

YNchem5510です。今日the blind sideというドキュメンタリーを読み終わりました。ホームレスの黒人の少年が裕福な白人家庭に助けられてその優れた運動能力を活かしてアメリカンフットボールのプレイヤーとして活躍しミシシッピー大学に進学しNFLのドラフトを経てボルチモア レイブンズで活躍しする直前までの話しです。日本のテレビでアンビリーバボーで紹介されていたと思います。又映画では邦題 幸せの隠れ場所 主演サンドラブロックで公開されていたと思います。原書と別にこの映画のDVDをTSUTAYAで500円で売っていたので買って見ました。映画を見て同時に原書を読むと理解が深まるような気がします。
尚、本の中で主人公のMichel Oherがミシシッピー大学へのスポーツ推薦のためにある教科で本を読んでエッセイを書かなければならないなり(評定をCからBにするため)最初に勧められた本がGreat
Expectations でしたが難しいという事でもっと易しいPygmalion(マイ フェアレディの原作)を読んでBを貰う場面がありました。学校のALTに聞いたらGreat Expectationsは難しいと言ってました。
次は映画スタンドバイミーの原作Different Seasons 作者名Stephen Kingを読もうと思います。読み終わったらまたポストします。

2012年11月08日 23:24

YNchem5510 さん

YNchem5510です。オバマ大統領の勝利で終わったアメリカ大統領選挙。11月7日の夜には地元シカゴで勝利宣言の演説を行いましたが、ご覧になったでしょうか?youtubeでダウンロートしそれをiphoneにMP4に変換し保存して聞きました。2回ほど聞いたのですがどうしても聞き取れないところが有り、ネットでScriptを探したらすぐに見つかりました。その部分はオバマ大統領が奥さんと子供を褒めたあと笑いが起こる部分ですがBut I will say that for now one dog's probably enough.(でも犬は一匹で十分だよね)と言っていた部分です。多分原稿にないアドリブなんでしょうが、そう言ったところは映画なんかでも聞き取れないですね。
ちなみにYoutubeのダウンロードは「Craving Explorer」というブラウザを使うと簡単ですよ。

2012年11月04日 22:07

YNchem5510 さん

YNchem5510です。12月6日のアメリカ大統領選挙が近づき、日本のメデアも盛んにどちらが優勢かなどと宣伝していますね。今日お話したいのは既に終了している討論会(presidential dabate)についてです。大統領候補どうしが3回+副大統領同士が1回。場所(大体大学のキャンパスみたいですね)と司会者を変えて行っています。ニュースで第一回の討論会でオバマさんが途中言いよどんだりする場面がありその後の世論調査で支持率が逆転しロムニーが優勢になった。(その後2回の討論で盛り返したようですが)
自分としてはオバマ大統領が言いよどんだ所がどこななのかが興味があり、you-tubeからダウンロードしてmp4に変換しiphoneに保存して通勤途中などに一通り聞きました。完全に理解には程遠いのですが確かに税金や失業の問題が第一回のテーマで押されている様子は分かりました。
それ以上に面白かったのはルールが細かく決められていることです。第一回についていえば6つのテーマについて15分づつ計90分。各陣営2分以内の発言を行うことと。また両陣営とも言いよどんでいたとしても2分間きっちりと言いたいことはしっかり言い切っているのがすごいと思いました。
あと、司会はかなり年配の男性2名と女性2名。仕切り方がうまいなあと思いました。また議論が白熱すると両陣営の発言が重なって日本で言うとTVタックルのような状態になるのが面白いです。ぜひご覧になると面白いですよ。

2012年10月01日 23:39

YNchem5510 さん

YNchem5510です。前回に引き続き読み終えた本についてのコメントです。「The girl with Dragon Tattoo 」を3週間ほどで読み終えました。面白しさもさることながら今年の2月に購入したiphone4sに入れた電子辞書がとても役になっています。今までですと電子辞書を開いてわからない単語があると見るのですが、iphone4sですと捜査が片手でできるのでちょっとした待ち時間でも膝の上に本とiphoneを置いて利用できるので便利です。ちなみに購入した辞書は三省堂のウイズダム英和+和英辞典(3600円位?)と小学館のランダムハウス英和辞典(6900円位?)の2冊です。最初は無料の辞書を入れてましたがやはり内容がしっかりしているので無駄ではないです。
本の話に戻りますが「Doragon」の後はLisa Randdall(ハーバード大学の女性理論物理学教授)の書いた「Warped Passages」を昨日読み終えました。500ページ弱の分厚い本ですが評判通り多次元宇宙論やひも宇宙論など数式を使わず説明しているもので大変興味深く読み終えました。松澤先生が本に書かれていたように原書を多く読むとリスニング能力も含め英語の総合力が上がるということを少し実感しています。この調子で月1冊~2冊のペースで読めればと思います。今日から読み始めた本は「The Blind Side」というドキュメンタリーです。読み終えたらまた報告したいと思います。

2012年09月09日 16:54

英辛子 さん

松澤さま


ていねいな御返事、ありがとうございました。
マイスターから褒めていただいて、練習した甲斐があったなあ、と感動しています。


べつに、褒めてもらったから言うのではありませんが、「単語耳」は本当によくできていると思います。特に、Lv,1からLV,4を有機的に組み合わせて、練習すれば。(+辞書と多読)
* Lv.4に入ってからも、難しかったcitizenship(Lv.3)などは、たびたび風呂なんかで練習しました。*


あんまりテストの類いは好きではないのですが、いつかTOEICでも受けて、耳シリーズの効果を実証したい。いまは、そう考えています。
(ただし無精者なので、いつになるか。ははは。)


さらなる、マイスター松澤のご活躍と、新著のご執筆を期待しています。それと、耳シリーズをつかっていらっしゃる皆さんのご成功を!


ありがとうございました。
Practice makes perfect,I believe.


Eikarashi

2012年09月07日 17:43

松澤喜好 さん

英辛子さん、


松澤です。
単語耳Lv.4、100回音読通過おめでとうございます。


> キムさんの声が、フィルターなしに響いている


 素晴らしい!ご自分の変化に気づき、その方向性が英語習得の方向と
びったり一致しているので、すばらしいと思います。
 一般に講座で英語の子音の強さなどを強調しても、みなさんフムフム
と納得した顔をされていますが、まだ英語の音としては聞こえていません。
実際に何度も何度も練習して、発音が英語に近づいてくるにつれて、英語の
音の特徴が聞き取れるようになるのは事実です。
英辛子さんは発音もリスニングも著者が狙ったレベルを本のCDを使って
自力で超えたところがすごいと敬服します。

> lv.4は、折りをみて、ずっと練習するつもりです。(気持ちいいので)


 気持ちいいと感じていていただいて、著者冥利に尽きます。
Lv.4は発音の仕上げとして、読み上げるスピードも速くしてあります。
このスピードで発音練習すれば口の筋肉のトレイニングが完成に近づきます。
なので、Lv.4は発音指導の先生の練習用としても好評です。
また、このスピードに慣れると英語のリスニングに余裕が出てくることも
配慮しています。
速いと、2500単語の音読も短い時間で済んで繰り返すことができるので、
語彙習得に有利ですよね。このように一石三鳥が狙えます。

> (実力をみはからうために、Lv.2終了時に「マーフィー」を手に入れて


次の手を打っているところが、着実に実力をつける近道ですね。Excellent!
マーフィーの法則は、原発事故のあとで読んで、ますますその英知に感心
しています。。事故の可能性があるときには、最悪の事態に至ると言い切って
いるところもすごいと思います。
国の政治や、運営に関してあてはめながら考えながら発音練習すると良い
と思います。英語も、something, anything, nothing, everythingなどの
集合に関する単語の使い方が身に付き、英語の発想が身に付きます。
ぜひ、ご愛用ください。


> 洋楽の歌詞の見直しが、わたしの新たな楽しみと悦びになりました!


洋楽は、単語を深く味わうことができるので、とても良いと思います。
英語のリズム、つまり英語固有の音節の発音方法もわかりやすく
身に付きます。ながーい趣味にされて、楽しみながら英語を味わって
ください。
単語によっては、日本語以上に心を動かされます。
日本語の方が慣れているので、英語よりも感動するということでは
なくて、英語には英語のよさ、深さがあるので、両方を堪能して
人生を楽しんでいただけたらと思います。
また投稿してください。
Thank you!
Matsuzawa

2012年09月02日 12:26

英辛子 さん

松澤さま


単語耳Lv.4、100回音読終了しました。


今年はいろいろと忙しく、なかなか時間がとれなかったのですが、細々と続けた結果、ようやくたどり着きました。


個人的には、95回目から96回目のときに、「おや」という妙な感じがありました。表現するのは難しいのですが、自分が、スムーズに、かつ力強く発音できているな、と。同時に、キムさんの声が、フィルターなしに響いているな、という感覚です。


ためしに、その後で、「マーフィーの法則」を聴いてみると、とてもゆっくりに感じたし、冒頭部分は、そっくりに発音もできたようです。Lv.2終了時点では、舌がばたばたして、ついていけませんでしたので、大変な進歩だと思います。
もちろん、この一年間で、多読をちょこちょこ続け、youtubeでいろんな英語の動画をつまみ食いしたことも関係しているとは思いますが。基本は、単語耳による、正しい英語発音の獲得(段階?)のおかげだと考えます。
(実力をみはからうために、Lv.2終了時に「マーフィー」を手に入れていたのです。その時点では、まだ早いと判断しました)


現在、Lv.4は105回です。いちおう120回で完結と決めていたので、もう少しです。それが終わったら、「マーフィー」を日課にします。


単語耳の8000語を完全に発信語彙にするには、まだ時間がかかりそうですが、地道にあせらずやって行きたいと思います。lv.4は、折りをみて、ずっと練習するつもりです。(気持ちいいので)


それともう一つ。マイスター松澤のおかげで、洋楽の歌詞の見直しが、わたしの新たな楽しみと悦びになりました!


ありがとうございます。


残暑が厳しいので、どうか、ご自愛ください。


英辛子

2012年08月31日 15:16

ミト さん

松澤先生

お忙しい中お返事をいただきありがとうございます。
なんと言っていいかわかりませんが、心の靄が晴れ、自分の目指すゴールへの道のりを照らしていただいた気分です!本当にありがとうございました。

2012年08月30日 14:22

松澤喜好 さん

ミトさん、


イギリス英語いいですよね。個人的に好きです。
 私の場合をお話ししますと、学生時代は歌で発音を覚えて行きました。アメリカ人の歌手が多かったのでアメリカ式発音の練習の方が多かった中にビートルズやイギリス人の歌手の歌も覚えていきました。覚えてしまうとアメリカ・イギリス式の発音はほとんど気にならなくなります。
 20歳代の最後の年に2年間イギリスにエンジニアの仕事で駐在したのですが、最初は「アメリカから来たの?」と発音から聞かれたことがありましたが、すぐにイギリスの発音に適応できました。
 現在は、TVを見ても、イギリス発音アメリカ発音の違いは英語を理解するうえではまったく気になりません。どちらが聞きやすいかということもありません。話している人の話し方の個性の一部と感じるようになっています。英語がある程度聞き取れるようになると、イギリス発音、アメリカ発音の違いはもう意識しなくなり、脳がバックグラウンド処理で自動的アメリカ発音・イギリス発音に応じて脳の中の単語を検索してくれます。


 では、最初にイギリス発音とアメリカ発音のどちらを学んだ方が良いか?この答えは自分の学習環境で入手しやすいほうを選んでおくとよいと考えています。イギリス英語を話す国に住んでいるのならば、当然、現地の人が話す英語の発音をしっかり学んでおくべきです。真似しやすい環境にあるわけですから。
 日本にいる日本人の英語学習者には、アメリカ英語の発音をお勧めしています。理由は2つあります。
①アメリカ発音の教材の方が、どちらかというと入手しやすい。
②アメリカ発音の方が単語の中の[r]を意識させるので、綴りと発音の関連がシンプル。つまり英単語を覚えやすい。


> 母音とrの組み合わせの発音(どう表記していいかわかりませんが…)を頭に叩き
> 込むことが不安です。どうしたらよろしいでしょうか?後から矯正する方法しかあ
> りませんか?


 上記の②とご質問の内容に関しては、rhotic(アメリカ英語)v.s.non-rhotic(イギリス英語)のことを言っていますよね。私の著書では、発音記号にアメリカ式発音のフックト・シュワ[?]を使っています。シュワ[?]にヒゲを付けたものですが、このヒゲは音声学ではrhotic(r音性的な)で発音する、すなわち母音の後の rを発音することを意味します。ヒゲをつけない発音方法を non-rhotic(非r音性的な)と言い、母音の後の rを発音しないことを意味します。


 発音の初心者は、どちらにするのか迷っている質問が多いですね。いずれ、発音が中級になるとイギリス英語を聞いてもアメリカ英語を聞いてもの脳の中ではすばやく英単語が検索される必要があります。TOEICもイギリス人とアメリカ人の両方を使っていますので、TOEICを受ける場合は両方を聞き取る必要があります(TOEICではそれほど極端ななまりのないナレーターを使っています)。


 以上をふまえて、私のアドバイスは、日本にいて英語を学ぶのならば、アメリカ発音の教材で学んでおいて、自分の発音練習はイギリス人のナレーターや俳優を徹底的に真似することをお勧めします。日本では、アメリカ式発音とイギリス式発音の違いが強調されすぎていると個人的には感じています。


URLを一つ紹介します。
Amy Walkerさんが、各国の21の都市に住む人の英語の発音を一人でそれぞれ練習してこなしています。
http://bit.ly/OHYegU


英語の学習は、各国の英語はどれも聞き取れるようにすることを最初から狙う。初級のうちはアメリカ発音から入門する。初級を過ぎたころから、ご自分の話す英語は、仕事や学習の環境にあわせるか、ご自身の好きな方の発音で練習することをお勧めします。
つまり聞くことと、話すことは切り離して考えておくとよいと思いますよ。
発音を習得していく過程で、話すときは、ご自分の個性を出すことを目標に置いてください。

≪ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次へ ≫